社団法人間伐材ウッドチップ舗装協会は、「自然素材のウッドチップ舗装」を普及するための団体です。
主に、特許第5273557号を運用・管理・使用し、環境改善性能の高い舗装技術を広めています。

社団法人 間伐材ウッドチップ舗装協会組織図

 

 理事会

 

 業務局    運営管理局   技術開発局    資材・活用局      集中事務センター

 技術指導委員会   運用管理委員会    技術研究委員会      監査・コンプライアンス委員会   サポートセンター

 施工管理委員会                  (技術指導委員会連携)                       (施工管理委員会連携)


事業所所在地

本社所在地

 368-0102 埼玉県秩父郡小鹿野町長留3515

東京営業所

167-0032 東京都杉並区天沼3-30-21


沿革

平成21年8月   ウッドチップ舗装特許申請

平成21年8月   任意団体「ウッドチップ舗装協会」設立

平成21年10月  山間部・悪路の試験施工

平成21年12月  都内国立大学キャンパス施工

平成22年1月   彩の国ビジネスアリーナ2010出展

平成22年10月  都内マンションエントランス施工

平成22年10月  幸手市権現堂フェスタ出展

平成23年1月   青森りんごフォーラム出展

平成23年4月   上野原市公園全面施工

                                平成23年6月   街路樹の植栽施工

                                平成24年7月   一般社団法人化

                                平成25年3月   市原市公園の遊歩道全面の施工

                                平成25年4月   横浜市公園の広場施工

                                平成26年11月  ホームページリニューアル


  一般社団法人間伐材ウッドチップ舗装協会定款(抜粋)

 

 

 

 

 

第1章       総 則

 

(名称)

 

 

第1条

 当法人は、一般社団法人間伐材ウッドチップ舗装協会と称する。

(目的)

 

 

第2条

 当法人は、日本国内の歩道の環境改善(自然素材化、産業廃棄物ゼロ化、照り返しの緩和によるヒートアイランド現象の抑制、積極的な間伐材利用による適切な森林育成の支援)を通して、国民が健康で快適な生活の実現を営むことに寄与するとともに、地球環境の持続可能な保全と改善のための仕組みを充分に機能させることを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。


(1)

 

 ウッドチップ舗装普及・施工・研究開発に関する事業

 

(2)

 ウッドチップ舗装技術講習の開催、技能資格の認定

 

(3)

 ウッドチップ舗装施工店の指定、認定、管理、委託に関する事業

 

(4)

 歩道舗装、造園、外構、雑草対策に関する研究開発、成果発表

 

(5)

ウッドチップ舗装材、各種造園資材の調達・販売

 

(6)

 地球環境改善における関係機関との交流、情報交換および支援

 

(7)

舗装技術、環境教育及び自然保護に関する資料・図書の作成普及

 

(8)

公共工事における助言、相談の受付、指導

 

(9)

行政・各種団体に対する環境改善における助言、相談の受付、指導

 

(10)

各種法人への、当協会が有する知的財産、施工技術を提供する受託事業

 

(11)

環境改善、自然教育における啓蒙および広報活動

 

(12)

 地場産業発展の支援・被災地支援のための活動

 

(13)

 木工製品の企画・製造・販売

 

(14)

 間伐の伐採技術講習の開催

 

(15)

 環境負荷の少ない製品、サービス、ビジネスモデルの認定事業

(16)

 CO2排出権取引に関する事業

(17)

 間伐材の利用促進、木材の保管、流通、販売に関する事業

(18)

 自然保護、地域活性化の啓蒙イベントなどの開催・開催支援

(19)

 情報発信可能なアンテナショップの運営

(20)

 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業




ダウンロード
自然に返るウッドチップ舗装の特徴詳細
ウッドチップ舗装(特徴).pdf
PDFファイル 14.4 KB
ダウンロード
旧任意団体「間伐材ウッドチップ舗装協会」規約
間伐材ウッドチップ舗装協会規約.pdf
PDFファイル 19.3 KB